素敵なおひげですね

PowerShellを中心に気分で書いているブログです。

PowerShell on Linuxに普通にPSRemotingしてみる - その3

その1その2の続き的な。

以前のエントリで書いた、

github.com

のIssueがクローズされ、OMIおよびPowerShell on Linux OMI Providerpackages.microsoft.comリポジトリからインストール可能になったので試してみました。

インストール

私が使い慣れているCentOS 7.3で検証します。

はじめにpackages.microsoft.comリポジトリの追加とPowerShellのインストールをしておきます。

# CentOS 7, Bash
curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo | sudo tee /etc/yum.repos.d/microsoft.repo
sudo yum install -y powershell

こちらは以前のエントリで書いた通りですのでとくに問題はないでしょう。

続けてPowerShell on Linux OMI Providerをインストールします。

パッケージ名はomi-psrp-serverで、依存パッケージにOMI(omi)が登録されているので、こちらをインストールすればOMIも同時にインストールされます。
ですので以下の様にyum install一回でインストールできます。

# CentOS 7, Bash
sudo yum install -y omi-psrp-server

実行結果は以下の様な感じになります。

f:id:stknohg:20170309185812p:plain

インストールが完了したあとはOMIDが動いてればOKです。

OMIDが起動しているかはservice(またはsystemctl status)コマンドで確認してください。

# OMIDが動作しているのを確認
service omid status
# または
# systemctl status omid.service

f:id:stknohg:20170309190015p:plain

ちなみに、現時点の各パッケージのバージョンは、

  • PowerShell - Ver.6.0.0.alpha16
  • PowerShell on Linux OMI Provider - Ver.1.1.0-alpha18 (1.0.0.18)
  • OMI - Ver.1.2.0

となっています。

接続確認

例によってWindows Server 2012 R2(PowerShell 5.1)から接続確認をしてみます。
接続先のIPは192.168.33.209、ユーザーはvagrantおよびrootで試しています。

# Enter-PSSessionで接続
$o = New-PSSessionOption -SkipCACheck -SkipRevocationCheck -SkipCNCheck
Enter-PSSession -ComputerName 192.168.33.209 -Credential vagrant -Authentication basic -UseSSL -SessionOption $o

f:id:stknohg:20170309183812p:plain

普通に使えますが、切断時に謎なエラーが出ました…

f:id:stknohg:20170309183837p:plain

とりあえずこいつは気にしないことにして、CIM情報の取得をします。

# Get-CimInstanceで情報取得
# こっちは要root
$o = New-CimSessionOption -SkipCACheck -SkipRevocationCheck -SkipCNCheck -UseSsl
$s = New-CimSession -ComputerName 192.168.33.209 -Credential root -Authentication Basic -SessionOption $o
Get-CimInstance -CimSession $s -Namespace root/omi -ClassName OMI_Identify

f:id:stknohg:20170309183853p:plain

こちらもこれまで試した結果と同じです。

最後に

とりあえずこんな感じです。

各パッケージのインストールがかなり楽になったのであとは動作が安定してくれれば使い物になるのかな、と思います。