素敵なおひげですね

PowerShellを中心に気分で書いているブログです。

Windows Management Framework (WMF) 5.1がリリースされました

長く苦しい戦いだった…

公式のアナウンスは以下。

blogs.msdn.microsoft.com

更新内容について

リリースノートはこちら

WMF 5.1の新機能ついてはこちらかこのブログの以下のエントリを参照してください。

インストール可能OSやインストール方法など

WMF 5.1をインストール可能なOSは以下。

  • Windows 7 SP1 / Windows Server 2008 R2 SP1
  • Windows Server 2012
  • Windows 8.1 / Windows Server 2012 R2

詳細はこちらを、インストール方法はこちら*1を参照してください。

プレビュー版の時は.NET Framework 4.6(+Windows 7/Windows Server 2008 R2の場合はWMF 4.0の事前インストール)が必要でしたが、この条件はリリース版では変更され、.NET Framework 4.5 4.5.2*2のみ必要(Windows 7/Windows Server 2008 R2の場合はWMF 4.0の事前インストール不要)になりました。

【おまけ】Windows 7 SP1にインストールしてみる

せっかくなのでWindows 7 SP1(64bit版)にWMF 5.1をインストールしてみます。

0. はじめに

これまでのWMFはmsuファイルで更新が提供されていましたが、WMF 5.1ではWindows 7 SP1 / Windows Server 2008 R2 SP1に対してはmsuでなくzipファイルで提供されています。
(その他のOSについてはmsuファイルのままです。)

このzipファイルにはmsuファイルに加えInstall-WMF5.1.ps1というスクリプトが同梱されており、このInstall-WMF5.1.ps1を実行することでインストールを行います。  
Install-WMF5.1.ps1ではインストール前に実行環境のチェックを行い次の内容を検証しています。

  • インストール可能なOSであること
  • .NET Framework 4.5以上がインストールされていること
  • WMF 3.0がインストールされていないこと

これらのチェックに失敗するとエラーメッセージとともにインストールが中断されます。

例) .NET Framework 4.5がインストールされていない場合

f:id:stknohg:20170120203112p:plain

1. zipのダウンロード

Win7AndW2K8R2-KB3191566-x64.ZIPをダウンロードして適当なディレクトリに解凍します。
今回はC:\Temp\Win7AndW2K8R2-KB3191566-x64に解凍しました。

f:id:stknohg:20170120202825p:plain

2. Install-WMF5.1.ps1の実行

必要があればスクリプトの実行を可能にしてください。

Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy RemoteSigned -Scope Process

f:id:stknohg:20170120202945p:plain

あとはInstall-WMF5.1.ps1を実行するだけです。
実行するとmsuファイルが実行され更新のインストールが開始されます。

.\Install-WMF5.1.ps1

f:id:stknohg:20170120203239p:plain

f:id:stknohg:20170120203250p:plain

f:id:stknohg:20170120203303p:plain

f:id:stknohg:20170120203330p:plain

インストール後に再起動を求められます。

f:id:stknohg:20170120203636p:plain

再起動すればインストール完了です。

f:id:stknohg:20170120205041p:plain

なおPSReadlineは付いていませんので必要でしたらInstall-Moduleでインストールしてください。

Install-Module PSReadline -Scope CurrentUser

3. サイレントインストール

また、Install-WMF5.1.ps1は以下の2つの引数を取ることができサイレントインストールも可能となっています。

  • AcceptEULA : EULAに自動で同意する
  • AllowRestart : 自動で再起動を許可する

実行例)

.\Install-WMF5.1.ps1 -AcceptEULA -AllowRestart

f:id:stknohg:20170120210347p:plain

*1:まだ日本語版は情報が古いので英語版へのリンクを貼っています

*2:.NET Framework 4.5は既にサポート切れのため4.5.2を要求する様にドキュメントなどが差し替えられています。WMF5.1のインストール自体は4.5でも可能です。