読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なおひげですね

PowerShellを中心に気分で書いているブログです。

PowerShellでNICチーミング(NetLBFO)を操作する

Windows ServerでNICチーミングを利用することがあったので調べた結果をブログにまとめます。
検証環境はWindows Server 2012 R2ですがWindows Server 2012でも同様だと思います。

NICチーミング(NetLBFO)の基本

NICチーミング(NetLBFO)の基本的な話は以下の記事に詳しいので参考にしてください。

www.atmarkit.co.jp

PowerShellNICチーミング(NetLBFO)を操作する

PowerShellからNICチーミングを操作するにはNIC Teaming Cmdletsを使用します。
モジュールはNetLbfoですがデフォルトでロード済みなのでImport-Module NetLbfoせずに使う事ができます。

NIC Teaming Cmdletsの基本

最初にコマンドレットの一覧を出してみるとこんな感じになります。

PS C:\> Get-Command -Module NetLbfo

CommandType     Name                                               ModuleName
-----------     ----                                               ----------
Function        Add-NetLbfoTeamMember                              NetLbfo
Function        Add-NetLbfoTeamNic                                 NetLbfo
Function        Get-NetLbfoTeam                                    NetLbfo
Function        Get-NetLbfoTeamMember                              NetLbfo
Function        Get-NetLbfoTeamNic                                 NetLbfo
Function        New-NetLbfoTeam                                    NetLbfo
Function        Remove-NetLbfoTeam                                 NetLbfo
Function        Remove-NetLbfoTeamMember                           NetLbfo
Function        Remove-NetLbfoTeamNic                              NetLbfo
Function        Rename-NetLbfoTeam                                 NetLbfo
Function        Set-NetLbfoTeam                                    NetLbfo
Function        Set-NetLbfoTeamMember                              NetLbfo
Function        Set-NetLbfoTeamNic                                 NetLbfo

似た様な名前のコマンドレットが多く、初見では覚えにくいと思います。

NICチーミングの各要素がコマンドレットの名称と紐づいていますので、以下の表を参考にするとどのコマンドレットが何をするものかわかりやすくなると思います。

用語 コマンドレット上の名称 説明
インターフェイス Nic チーム上に構成される論理的なNIC
VLANトランクのために1チームに複数インターフェイス構成可能
チーム Team 物理NICをまとめたチーム
ネットワークアダプタ Member 物理NIC

また、各要素を図にするとこんな感じです。

f:id:stknohg:20160413182000p:plain

チームの作成

チームの作成にはNew-NetLbfoTeamを使います。
-Nameにチーム名、-TeamMembersにメンバーとなる物理NIC名、-TeamingModeチーミングモード、-LoadBalancingAlgorithmで負荷分散モードを指定するのが基本です。

-TeamingModeには、

  • Lacp : LACP(Link Aggregation Control Protocol)
  • Static : 静的チーミング
  • SwitchIndependent : スイッチに依存しない

が指定できます。

-LoadBalancingAlgorithmには、

が指定できます。

実行例は以下。

New-NetLbfoTeam -Name "Public-TEAM" -TeamMembers ("イーサネット 2", "イーサネット 3") -TeamingMode SwitchIndependent -LoadBalancingAlgorithm Dynamic

実行するとチームが作成され、同時に既定のインターフェイス(同名のインターフェイス)も作成されます。

# チームを作成
PS C:\> New-NetLbfoTeam -Name "Public-TEAM" -TeamMembers ("イーサネット 2", "イーサネット 3") -TeamingMode SwitchIndependent -LoadBalancingAlgorithm Dynamic -Confirm:$false

Name                   : Public-TEAM
Members                : {イーサネット 3, イーサネット 2}
TeamNics               : Public-TEAM
TeamingMode            : SwitchIndependent
LoadBalancingAlgorithm : Dynamic
Status                 : Down

# チーム作成と同時に同名のインターフェイスも作成される 
PS C:\> Get-NetLbfoTeamNic

Name                    : Public-TEAM
InterfaceDescription    : Microsoft Network Adapter Multiplexor Driver
Team                    : Public-TEAM
VlanID                  :
Primary                 : True
Default                 : True
TransmitLinkSpeed(Gbps) : 2
ReceiveLinkSpeed(Gbps)  : 2

# ネットワークアダプターの取得
PS C:\> Get-NetLbfoTeamMember

Name                    : イーサネット 3
InterfaceDescription    : Intel(R) PRO/1000 MT Desktop Adapter #3
Team                    : Public-TEAM
AdministrativeMode      : Active
OperationalStatus       : Active
TransmitLinkSpeed(Gbps) : 1
ReceiveLinkSpeed(Gbps)  : 1
FailureReason           : NoFailure

Name                    : イーサネット 2
InterfaceDescription    : Intel(R) PRO/1000 MT Desktop Adapter #2
Team                    : Public-TEAM
AdministrativeMode      : Active
OperationalStatus       : Active
TransmitLinkSpeed(Gbps) : 1
ReceiveLinkSpeed(Gbps)  : 1
FailureReason           : NoFailure

インターフェイスにVLAN IDを設定する

既定のインターフェイスはVLAN無しのインターフェイスになります。
このインターフェイスにVLAN IDを付与する場合はSet-NetLbfoTeamNicを使います。

以下の様に-Nameインターフェイス名を、-VlanIDにVLAN IDを指定します。

Set-NetLbfoTeamNic -Name "Public-TEAM" -VlanID 1
# チーム名指定も可能
# Set-NetLbfoTeamNic -Team "Public-TEAM" -VlanID 1

実行するとインターフェイスにVLAN IDがセットされ、インターフェイス名も変わります。

PS C:\> Get-NetLbfoTeamNic

Name                    : Public-TEAM - VLAN 1
InterfaceDescription    : Microsoft Network Adapter Multiplexor Driver
Team                    : Public-TEAM
VlanID                  : 1
Primary                 : True
Default                 : False
TransmitLinkSpeed(Gbps) : 2
ReceiveLinkSpeed(Gbps)  : 2

VLAN IDを消したい場合は、-Defaultパラメーターを使用します。

Set-NetLbfoTeamNic -Name "Public-TEAM - VLAN 1" -Default
# チーム名指定も可能 
# Set-NetLbfoTeamNic -Team "Public-TEAM" -Default

VLANトランクを利用する(複数VLAN IDの設定)

チームに新しいインターフェイスを追加する場合はAdd-NetLbfoTeamNICを使います。
-Teamにチーム名を、-VlanIDに新しいVLAN IDを設定します。

Add-NetLbfoTeamNIC -Team "Public-TEAM" -VlanID 2

実行結果を確認すると以下の様に新しいインターフェイスが増えていることがわかります。

PS C:\> Get-NetLbfoTeamNic

Name                    : Public-TEAM - VLAN 2
InterfaceDescription    : Microsoft Network Adapter Multiplexor Driver #2
Team                    : Public-TEAM
VlanID                  : 2
Primary                 : False
Default                 : False
TransmitLinkSpeed(Gbps) : 2
ReceiveLinkSpeed(Gbps)  : 2

Name                    : Public-TEAM
InterfaceDescription    : Microsoft Network Adapter Multiplexor Driver
Team                    : Public-TEAM
VlanID                  :
Primary                 : True
Default                 : True
TransmitLinkSpeed(Gbps) : 2
ReceiveLinkSpeed(Gbps)  : 2

そして、増やしたインターフェイスを削除するにはRemove-NetLbfoTeamNicを使います。 チーム名と削除したいVLAN IDを指定します。

実行例は以下。

Remove-NetLbfoTeamNic -Team "Public-TEAM" -VlanID 2

チーミングモードや負荷分散アルゴリズムを変更する

チーミングモードや負荷分散アルゴリズムを変更するにはSet-NetLbfoTeamを使います。
パラメーターについてはNew-NetLbfoTeamと同様な感じです。

Set-NetLbfoTeam -Name "Public-TEAM" -TeamingMode Static  -LoadBalancingAlgorithm IPAddresses

実行結果の確認

PS C:\> Get-NetLbfoTeam

Name                   : Public-TEAM
Members                : {イーサネット 3, イーサネット 2}
TeamNics               : {Public-TEAM - VLAN 2, Public-TEAM}
TeamingMode            : Static
LoadBalancingAlgorithm : IPAddresses
Status                 : Degraded

チーム名を変更する

チーム名を変更するにはRename-NetLbfoTeamを使います。
こちらは説明不要でしょう。

Rename-NetLbfoTeam -Name "Public-TEAM" -NewName "Public-TEAM-New"

ネットワークアダプターの設定変更

チームの各ネットワークアダプターの設定変更(アクティブ/スタンバイ)を行うにはSet-NetLbfoTeamMemberを使います。 -AdministrativeModeActiveStandByを指定して設定変更することができます。

Set-NetLbfoTeamMember -Name "イーサネット 3" -AdministrativeMode Standby

ネットワークアダプターの追加と解除

あまり使う事はないかもしれませんが、チームにネットワークアダプターを追加するにはAdd-NetLbfoTeamMemberを、ネットワークアダプターを解除するにはRemove-NetLbfoTeamMemberを使います。

# ネットワークアダプターの追加
Add-NetLbfoTeamMember -Team "Public-TEAM" -Name "イーサネット 3" -AdministrativeMode Active
# ネットワークアダプターの解除
Remove-NetLbfoTeamMember -Team "Public-TEAM" -Name "イーサネット 3"

チームを削除する

最後にチームを削除するにはRemove-NetLbfoTeamを使います。
チームを削除すると全てのインターフェイスが削除され、ネットワークアダプターも解除されてしまうので注意してください。

Remove-NetLbfoTeam -Name "Public-TEAM"

IPアドレスの設定について

IPアドレスの設定はインターフェイスに対して行う形になりますので、各コマンドレットで指定する名称にはインターフェイス名を指定してください。

以下に適当な設定例を記載しておきます。

# IPアドレスの設定
Get-NetAdapter -Name "Public-TEAM - VLAN 2" | New-NetIPAddress -IPAddress "192.168.133.14" -PrefixLength 24 -DefaultGateway "192.168.133.1"
# DNSの指定
Set-DnsClientServerAddress -InterfaceAlias "Public-TEAM - VLAN 2" -ServerAddresses "192.168.133.2"
# IPv6のバインド停止
Get-NetAdapterBinding -Name "Public-TEAM - VLAN 2" -ComponentID ms_tcpip6 | Disable-NetAdapterBinding

最後に

NIC Teaming Cmdletsの使い方についてざっと説明しました。
GUIだと少し癖のあるチーミングの設定ですが、PowerShellからだとかなり直感的に設定できるのではないかと思います。

PowerShellでしか設定できない部分もありますので、機会があればぜひ使ってみてください。