素敵なおひげですね

PowerShellを中心に気分で書いているブログです。

Java(JRE)のインストール時にうっとおしいアレを表示させない方法

新年一発目のエントリなので軽いネタを書きます。

Java(JRE)をインストールする際に表示されるアレ、昔ならMcafee、今はAskのよく分からないソフトをインストールさせようとする奴(スポンサーのオファー)を表示させない様にする方法について調べてみたら以下のヘルプがあったのでその内容について簡単に書きます。

スポンサのオファーなしでのJavaのインストール

本エントリの内容はこのヘルプの内容をまとめてるだけですので、ヘルプの内容で十分であれば以下は見る必要がないです(

前提条件

本エントリの内容は現在の最新版であるVersion 8 Update 25で試しています。
Windows版のJREで試しています。
※古いJREだと勝手が違う様ですのでご注意ください。

方法1. オフライン版インストーラーを使用する。

通常Java.comからJREをインストールしようとするとオンライン版インストーラーをダウンロードする様に案内されますが、その案内に従わずオフライン版のJREをダウンロードします。

オフライン版のJREインストーラーではスポンサーアプリをインストールするか否かは聞かれません。
普通に実行してそのままインストールしてください。

方法2. オンライン版インストーラーにSPONSORS=0をつけて起動する

オンライン版インストーラーでインストールする場合でも、起動時の引数にSPONSORS=0をつけるとスポンサーアプリをインストールするか否かを聞かれなくなります。

コマンドプロンプトからダウンロードしたオンライン版インストーラーを以下の様に起動します。

JavaSetup8u25.com SPONSORS=0

とりあえずこんな感じでうっとおしいアレを回避することができます。ご参考までにどうぞ。