読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素敵なおひげですね

PowerShellを中心に気分で書いているブログです。

PowerShellのSort-ObjectコマンドレットでIPアドレスのソートを行う

PowerShell シェル芸

小ネタです。

orebibou.com

こちらの記事を見てPowerShellでもやってみました。

サンプルデータ

元記事と同じデータ(test.txt)を使います。

192.168.0.102
192.168.0.8
192.168.0.97
192.168.0.68
192.168.0.99
192.168.0.66
192.168.0.24

普通のソート結果はこんな感じです。
単純な文字列のソートになるので元記事同様に欲しい形にはなりません。

f:id:stknohg:20170215220431p:plain

version-sort

こちらは、私は最初思いつかなかったのですが、牟田口先生があっさり書いてくれました。流石です。

cat .\test.txt | sort {[Version]$_}

結果はこちら。

f:id:stknohg:20170215220506p:plain

解説

PowerShellsort(Sort-Object)では-Propertyパラメーターでソートに使うプロパティを指定することができ、そのプロパティにスクリプトブロックによる式を指定することができます。

sort {[Version]$_}

の部分をより正確に書くと、

Sort-Object -Property { [Version]$_ }

となり、入力値の文字列$_(192.168.0.102など)をSystem.Versionクラスにキャストした結果でソートできる様になります。
これは、.NET Frameworkのバージョン指定が、[Major].[Minor].[Revision].[Build]とIPアドレスと同じ書式なため利用できる方法です。

各オクテットごとにソート

こちらは私が最初に思いついた方法です。
元記事同様に各オクテット順でソートします。

cat .\test.txt | sort (0..3|%{[ScriptBlock]::Create("[int]$`_.Split('.')[$_]")})

結果はこちら。

f:id:stknohg:20170215222853p:plain

解説

上記の

(0..3|%{[ScriptBlock]::Create("[int]$`_.Split('.')[$_]")})

の部分を展開すると、

{[int]$_.Split('.')[0]}, {[int]$_.Split('.')[1]}, {[int]$_.Split('.')[2]}, {[int]$_.Split('.')[3]}

となり、最終的なコマンドは

Sort-Object -Property ({[int]$_.Split('.')[0]}, {[int]$_.Split('.')[1]}, {[int]$_.Split('.')[2]}, {[int]$_.Split('.')[3]})

となります。
-Propertyでは入力値の文字列$_(192.168.0.102など)を.でスプリットした結果(各オクテット)を順にソート対象にしています。

2017/02/17追記 別解

元のデータが文字列なので、桁数が揃っていれば期待したソートをさせることが可能です。
なので別解として、

cat .\test.txt | sort { -join $_.Split('.').PadLeft(3)}

も可能です。

f:id:stknohg:20170217125211p:plain

この方法では入力文字列を、

192168  0102
192168  0  8
192168  0 97
192168  0 68
192168  0 99
192168  0 66
192168  0 24

の様に変換して桁数を揃えています。

最後に

とりあえずこんな感じです。
PowerShellのソートはかなり自由度が高く、何でもありな感じがしますね。

LinuxへのPowerShellのインストールが簡単になりました

PowerShell Linux Mac

先日PowerShell Blogで発表された内容について実際に試してみました。

blogs.msdn.microsoft.com

packages.microsoft.comリポジトリ

Ubuntu(apt)およびCentOS(yum)向けにMicrosoft独自のリポジトリhttps://packages.microsoft.comが提供され、このリポジトリからPowerShellをインストールおよびアップデートできる様になりました。

独自リポジトリなので最初はリポジトリの登録が必要になります。

1. Ubuntu 14.04でのインストール手順

はじめにapt-key addコマンドでリポジトリの公開鍵を追加し、/etc/apt/sources.list.d/ディレクトリに独自リポジトリの設定を追加します。
PowerShell Blogではその後apt-get updateしてたので本エントリでも記載しておきます。*1

# Bash
# リポジトリの公開鍵(GPGキー)の追加
curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -
# Microsoft Ubuntu repositoryの登録
curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/14.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list
# Update apt-get
sudo apt-get update

リポジトリを追加したらapt-get installPowerShellをインストールできます。

# Bash
sudo apt-get install -y powershell

ちなみにBash on Ubuntu on Windowsでもこの手順でインストール可能です。

2. Ubuntu 16.04でのインストール手順

リポジトリのURLが14.04と異なるだけで、ほかの手順は同一です。

# Bash
# リポジトリの公開鍵(GPGキー)の追加
curl https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | sudo apt-key add -
# Microsoft Ubuntu repositoryの登録
curl https://packages.microsoft.com/config/ubuntu/16.04/prod.list | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list
# Update apt-get
sudo apt-get update

リポジトリを追加したらapt-get installPowerShellをインストールできます。

# Bash
sudo apt-get install -y powershell

3. CentOS 7でのインストール手順

CentOSの場合は/etc/yum.repos.d/ディレクトリに独自リポジトリの情報を追加するだけでOKです。*2

# Microsoft RedHat repositoryの登録
curl https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/prod.repo | sudo tee /etc/yum.repos.d/microsoft.repo

あとはyum installPowerShellをインストールできます。

# Bash
sudo yum install -y powershell

リポジトリ情報

https://packages.microsoft.comの情報をざっと確認してみると以下の通りでした。
特別な設定はない普通のリポジトリの様です。

Ubuntu 14.04

$ cat /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list

deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/ubuntu/14.04/prod trusty main

Ubuntu 16.04

$ cat /etc/apt/sources.list.d/microsoft.list

deb [arch=amd64] https://packages.microsoft.com/ubuntu/16.04/prod xenial main

CentOS7

$ cat /etc/yum.repos.d/microsoft.repo

[packages-microsoft-com-prod]
name=packages-microsoft-com-prod
baseurl=https://packages.microsoft.com/rhel/7/prod/
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc

【2017/02/08】ちょっと追記

https://packages.microsoft.comについて、自分の環境のChromeだとエラーが出てアクセスできなかったのですが、他のブラウザからだと普通にアクセスできますね…

リポジトリの中を見てみると、現時点で既にPowerShell以外にMicrosoft ODBC Driver for SQL Server on LinuxSQL Server tools on Linuxなどが登録されています。
また、UbuntuCentOS(RHEL)の他にSUSEリポジトリがあることも確認できます。

ちなみにCentOS上で取得可能なパッケージの一覧を抽出してみると以下の様になりました。

$ yum list | grep packages-microsoft-com-prod

msodbcsql.x86_64                           13.1.4.0-1                  packages-microsoft-com-prod
mssql-tools.x86_64                         14.0.3.0-1                  packages-microsoft-com-prod
powershell.x86_64                          6.0.0_alpha.15-1.el7.centos packages-microsoft-com-prod
unixODBC-utf16.x86_64                      2.3.1-1                     packages-microsoft-com-prod
unixODBC-utf16-devel.x86_64                2.3.1-1                     packages-microsoft-com-prod

PowerShell以外のソフトウェアについて

PowerShell Blogのコメント欄でも少し触れられていますが、このリポジトリPowerShell本体以外にOMIPowerShell OMI Provider のインストールも可能にしていく様です。

現時点ではPowerShell OMI Providerに以下のIssueが挙げられています。

github.com

今後他のソフトウェアでもIssueが追加され、リポジトリに随時登録されていくと思われます。

【おまけ】MacOSの場合

Macの場合、公式なリポジトリはありませんが、有志がHomebrew CaskPowerShellを登録してくれています。

github.com

Homebrewがインストールされていれば以下のコマンドでPowerShellをインストールすることができます。

# Bash
# Homebrew Caskからインストール
brew tap caskroom/cask
brew cask install powershell

*1:多分しなくても大丈夫なはず…

*2:PowerShell Blogの手順では一旦suしていましたがsudoで一気にやっても大丈夫です。

Visual Studio Codeで新規作成したファイルの言語モードを設定する方法

VSCode PowerShell

なんとなく試したら上手くいってしまったので。
現在のバージョン(Ver.1.9)では上手くいきましたが、今後新しいバージョンではできなくなるかもしれません…

動機

私はVisual Studio CodeをほぼPowerShellを書くのに使っているため、ファイルを新規作成した時点で言語モードがPowerShellになってくれていると便利なんだけどだなぁというのが動機です。

公式な手順

公式に新規作成したファイルの言語モードを設定する方法はない様で(あれば教えてください)、最初は必ずプレーンテキストになっています。

f:id:stknohg:20170203181741p:plain

この状態から、

  • 右下の言語モードの表示欄をクリック
  • Ctrl + K → M

のどちらかの手順で言語モードを変更する必要があります。

f:id:stknohg:20170203181801p:plain


f:id:stknohg:20170203181807p:plain

新規作成したファイルの言語モードを設定する

都度言語モードを変更するのは面倒だったので、ダメ元でユーザー設定(settings.json)に以下の設定を入れてみたところ、新規作成したファイルの言語モードをPowerShellにすることができてしまいました。

// settings.json
"files.associations": {
    "Untitled-*": "powershell"
}

本来files.associationsは拡張子に応じた言語モードを設定する場所なのですが、ファイル名自体も判定の対象になっている様でUntitled-*の様な設定も許されます。
新規作成した時点のファイル名はUntitled-1,Untitled-2,Untitled-3…といった名称なので、これに合わせた設定にすることで言語モードを変えることができました。

このおかげでファイルを新規作成した時点で直ちにPowerShell拡張の機能(インテリセンスなど)を利用できる様になり、非常に便利になりました。

f:id:stknohg:20170203182229p:plain